« ペリカン | トップページ | 富士の裾野 »

2010年8月 3日 (火)

建築学部

2010.8.2付 朝日歌壇より
短歌にも土台と柱と屋根があり建築学部に学ぶ如しも:(広島県)楯田順子

そうなんだ。知らなかったぞ。
やっぱり実作は私には無理だ。
言葉による構築物なんですね。短歌は。

建築物を見て、その構造を読み取ることはなんとかできそうだけれど、それはやはり「記述の言葉」。
「構築する言葉」じゃないものなぁ。

« ペリカン | トップページ | 富士の裾野 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築学部:

« ペリカン | トップページ | 富士の裾野 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ