« 兜虫 | トップページ | 青田 »

2010年8月10日 (火)

見舞

2010.8.8付 朝日俳壇より
見舞はれぬことが見舞や梅雨曇:(松本市)唐澤春城
 稲畑汀子 評:うっとうしい梅雨に体調を崩した人。見舞われるより、本当はそっとして欲しいのだ。見舞われないのが有難い、本音。

でもねぇ、一方では、「あの人は見舞に来たけど、あの人は見舞に来なかった。冷たい人だ」「あの人は見舞に行ったけど、あの人は見舞に行かなかった。冷たい人だ」なんて口さがないことを言う人もおりましてね。
むずかしいところですよ。世間づきあいというやつは。

私は作者に賛成です。
真心のこもらない見舞なんて負担になるだけです。
相手の負担にならないような心の配り方、というものがさりげなくできるようになるといいですね。

« 兜虫 | トップページ | 青田 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見舞:

« 兜虫 | トップページ | 青田 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ