« 「すずなり」 | トップページ | いなかった »

2010年8月 3日 (火)

むくろ

2010.8.2付 朝日歌壇より
三千の母子(おやこ)の骸の横たわる豚舎の脇の白い露草:(真庭市)岡田耕平
 高野公彦 評:作者注に「宮崎の口蹄疫防疫に派遣された獣医師です。大規模繁殖豚舎で殺処分に従事しました」とある。動物の大量死と無関係に咲く白い花が、心の深い部分に衝撃を与える。

「大量死」という言葉に違和感を覚えます。豚は勝手に死んだんじゃない。ヒトが殺したんです。そのことを意識していないと作者に申し訳ないです。
獣医師をなさる方は、基本的に動物が好きなんです。動物を生かすことが仕事なんです。
なのに、殺さなければならない。大量に。
その「大量の殺戮、殺処分」の脇に「白い露草」。
そのコントラストの強烈さを読み取って下さい。
農家の方も、獣医師も、心ならずも、悲しみにくれながら、殺すしかなかったんです。人の身勝手かもしれません。その最前線に添えられた白い花。
苦痛と悲哀への献花でもあったでしょうか。

つらいよなあ。

« 「すずなり」 | トップページ | いなかった »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むくろ:

« 「すずなり」 | トップページ | いなかった »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ