« 蟬 | トップページ | 夕立 »

2010年8月18日 (水)

日傘

2010.8.16付 朝日俳壇より
この道を行かねばならぬ日傘かな:(東京都)松村登美子
 稲畑汀子 評:日傘を頼りに日盛りの路を行かねばならない作者。季題の日傘は動かせない。

この暑さです。どうしても「行かねばならぬ」ときは仕方ないとして、可能な限りなんでもかんでもサボりましょうよ。昨日の東京は37.2℃。体温なら微熱ですかね。しっかしまぁ、気温に「お熱がありますねぇ」といっても仕方ない。じっと動かないのが最上の策。ひっそりと生き延びましょう。それっきゃない。今年の夏は辛い。

ところで、金子氏の評の欄に「選句している今日が広島忌」とありました。
8.6に選句して8.16に掲載。
8.7が立秋。
日傘は夏の季語。
季語って窮屈ですねぇ。今8月の中旬。強烈な暑さ。でも、「日傘」は使いにくいわけですな、察するに。
東京で猛暑日の日数が多かった1995年かな、あの時は確か、8月の下旬にノックアウトされたのだった、とかすかに記憶しますが。そういう暑さのときに、日傘をさしていても、俳句にはならんのですか?
「秋の日傘は涼しげだ」とかいわれちゃうのかなぁ。

« 蟬 | トップページ | 夕立 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日傘:

« 蟬 | トップページ | 夕立 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ