« 案山子 | トップページ | 家族写真 »

2010年8月24日 (火)

2010.8.23付 朝日歌壇より
囂(かしがま)し囂(かしま)し蟬のひと枝につらなりて鳴くああ囂(かまびす)し:(八尾市)水野一也
 高野公彦 評:囂しいを三回重ねて蟬の喧騒を表現した水野氏。機知に富む。

「囂」
読めました?この字。
私は読めませんでした。

かしがま・し【囂し】形 シク:(古くは清音) やかましい。うるさい。かしましい。かまびすしい。蜻蛉日記下「くつくつぼふし、いと―・しきまで鳴くを」

かしまし・い【囂しい・姦しい】形 かしま・し(シク):やかましい。かまびすしい。落窪物語3「あな―・し。…な言ひそ」。「女三人寄れば―・い」

かまびすし・い【喧しい・囂しい】形 かまびす・し(シク):(古くはク活用、中世以降シク活用) やかましい。さわがしい。為忠集「―・く鳴くひよどりの」。方丈記「波の音常に―・しく」
   いずれも広辞苑第五版より

ツクツクホウシが「かしがましく」鳴くんですね。そうだったんだ。知らなかった。
いやはや、知らないことのみ多かりき、です。お恥ずかしい。

« 案山子 | トップページ | 家族写真 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 案山子 | トップページ | 家族写真 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ