« シービービー | トップページ | うるわしき青 »

2010年8月17日 (火)

行間

2010.8.16付 朝日歌壇より
軽いフォントわざと明るい行間に読み取れなかった君の苦しみ:(北海道)坂本しづよ

私自身の書く文は、標準フォントの字面から読みとれるものだけが伝わればよい、という主義で書いております。アバターも置かないし、顔文字も使わないのはそのせいです。
行間を読んでいただく必要はありません。そこに書かれた文字、そこから伝わるものだけでいいですよ。理に落ちてますね。でも、理系の論文はそのように書かれます。余分な意味をそぎ落として、伝えたいことだけを、明示的に(エクスプリシットに)書きます。書かれていない部分まで読みこまなくて結構です。

私に「苦しみ」や「悩み」があれば、そう書きます。書かれていない部分は「ない」のです。

無味乾燥な文でスミマセン。でも、多分、私の文が「微笑」を含んでいることは読みとれてしまうでしょうね。特に虫のことを書いているときは。
そういうものなんです。文と人というものは。

私は敢えて行間を読まない主義なのです。

« シービービー | トップページ | うるわしき青 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行間:

« シービービー | トップページ | うるわしき青 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ