« オオコウモリ | トップページ | 鳥除け »

2010年8月 3日 (火)

分教場

2010.8.2付 朝日歌壇より
猪が校庭を歩く山間の分教場はいま百合の中:(東京都)太田良作
 馬場あき子 評:山の分校の景の推移。猪から百合によって地域全体の優しい野趣が印象に残る。

猪がくるというだけで、まず、人気の少なさが思いやられます。
百合の中、という表現は、手入れの行き届いた花畑のようなイメージではないと思います。
分教場が「百合の中」といっているのですから、校庭に迫る茂みに百合がいっぱいなのではないですか?

浮かぶのは、子の少ない、あるいはいなくなってしまった分教場。
猪が歩き、野生の百合が生い茂る。人影も薄い、寂しい姿のように思えます。
「地域全体の優しい野趣」というのは、「百合」という言葉のイメージだけに頼り過ぎてはいないかと、私は思いました。

« オオコウモリ | トップページ | 鳥除け »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分教場:

« オオコウモリ | トップページ | 鳥除け »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ