« 居場所 | トップページ | オオコウモリ »

2010年8月 3日 (火)

写真

2010.8.2付 朝日歌壇より
八年も前の壊れたケータイのもう取り出せない亡父(ちち)との写真:(大阪市)澤田桂子
 永田和宏 評:その中にあることはわかっているのに、もう決して取り出せない父との写真。人間の記憶だってやがてはそのように再生不可となる。

それでいいんですよ。記憶、思い出などは、時とともにあいまいになり、細部が失われ、実はちゃんと保持しているつもりで、いつのまにか変形していくものなのです。
あるいみではだからこそ、生きていけるのです。
すべてが、あいまいさなく、くっきりと、過去のその時のままに立ち現われたら、人は耐えられません。もし耐えられるとすれば、それは神のみでしょう。

人が生きるということは、失うことです。
善哉善哉。

« 居場所 | トップページ | オオコウモリ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真:

« 居場所 | トップページ | オオコウモリ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ