« 花火 | トップページ | 八月六日 »

2010年8月17日 (火)

南瓜

2010.8.16付 朝日歌壇より
南瓜の花朝は黄の色深くして尻太き蜂出で入る羽音:(伊那市)小林勝幸

マルハナバチかな。
せっせと花の中に潜っては出てきて、また潜っていく。
花粉を運んでくれる働き者。
虫も花も「生き生きとしている」という感じですよね。
花が喜んでいます。
虫も元気です。
こういう光景は、生命感あふれていて、心が湧き立ちます。

暑くなる日の、まだ静かな朝です。

« 花火 | トップページ | 八月六日 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南瓜:

« 花火 | トップページ | 八月六日 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ