« ぬばたま | トップページ | 蛞蝓 »

2010年8月 4日 (水)

金亀子

2010.8.2付 朝日俳壇より
二十分見て金亀子起こしけり:(養父市)足立威宏
 金子兜太 評:あっさり書いているがこの心理的な感覚の動きには隙がない。コガネムシは作者の分身。

金子氏の評で尽くされていると思います。

ただ、虫好きかかしとしては、ちょっと「理」に走りたい。
そのコガネムシ、弱っていたんですね。
擬死状態になって、ひっくり返って、脚を縮めて動かなくなってしまったのでしょう。
普通、擬死状態になっても、2,3分から長くて5分もすれば、もぞもぞと動き出して、何事もなかったかのように、起きあがって移動していってしまいます。飛び去ることも。
二十分、というのは長いなぁ。死んじゃったのか?おいおい、と突っついてみたりしていたのでしょうか。
主観的な時間として「二十分」なのかな。

と、野暮な詮索が頭の中を駆け巡る。

« ぬばたま | トップページ | 蛞蝓 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金亀子:

« ぬばたま | トップページ | 蛞蝓 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ