« 沢蟹 | トップページ | 青大将 »

2010年7月14日 (水)

天を見て

2010.7.11付 朝日俳壇より
天を見て水を飲み込む蜥蜴かな:(小金井市)二瓶みち子

これはお見事。トカゲが水を飲む動作を完璧に表現しきった。
顔をあげて、喉をこくっと動かして、水が腹へ流れ落ちて行く。

この句の場合、「蜥蜴」が季語ではあるのですが、季節をそこに読みとる必要はないでしょう。
春先の暖かい日差しに現れた蜥蜴だっていいし、夏の暑いときに冷たい水を飲む蜥蜴だっていいでしょうし、秋の澄んだ日射しに残るぬくもりを感じてもかまわないし。季節を限定する必要はないと私は思うんですね。蜥蜴を詠んだのであって、この句は「無季」だと考えていいと思うのです。
その方が、句が豊かになる。

« 沢蟹 | トップページ | 青大将 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天を見て:

« 沢蟹 | トップページ | 青大将 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ