« 虹 | トップページ | 独り住む »

2010年7月28日 (水)

一粒の砂

2010.7.26付 朝日俳壇より
一粒の砂も地球も片かげり:(横浜市)日下野禎一

かた‐かげ【片陰】
 ①一方が物の陰になっている所。
 ②日光のあたらない所。特に、夏の午後のひかげ。<季語:夏>[広辞苑第五版]

俳句ですから、一応季語として「片かげ」をお使いになったと思うのですが。
では、意味は?
砂も地球も夏の午後、なのでしょうか。

①の意味なら?
くっきりとした日差しに砂にも影が出来ている、地球も、半面が明るく照らされ半面が暗い。
そのように、極小の砂を見る地上の人の目と、地球の片陰をみる宇宙から眺める「神の目」を同時に表現していると、この句を読んではいけませんか?

さらに、一歩、踏み込んで。
「砂の粒」が、はやぶさが小惑星から持ち帰った砂の粒であるとみるならば。
はやぶさが帰還して燃え尽きた故郷・地球、宇宙を運ばれてきた小惑星の砂粒、ともに夏の太陽に「片陰」っている、と。
読み込み過ぎだろうな。

« 虹 | トップページ | 独り住む »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一粒の砂:

« 虹 | トップページ | 独り住む »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ