« オシロイバナ | トップページ | モンシロチョウ 蛹化 »

2010年7月 8日 (木)

モッコクの花

0629_6mokkoku 6月29日
今年はモッコクの花がいっぱい咲きそうです。
去年はそれほど多くはなかったな。

0705_8mokkoku1 7月5日
一挙に咲きはじめました。
地味ですね。でも、いい香りがします。
つぼみの時間が長くて、地味な花を咲かせて、実がきれいですね。
もっ‐こく【木斛】モク

ツバキ科の常緑高木。暖地の海岸に自生、また、庭園にも栽培。高さ約6メートル。葉は厚く、光沢がある。夏、枝上に白色5弁の小花を開き、果実は球状、熟すと紅い種子を露出。材は櫛・床柱用、樹皮は褐色染料の原料。アカミノキ。漢名、厚皮香。「木斛の花」は<季語:夏> 。[広辞苑第五版]

ツバキ科ですね。我が家ではツバキと並んでいます。
変な話、チャドクガはつきませんね。ツバキとサザンカにはつくけれど。
0705_8mokkoku2
まことに、典型的な花の構造で、分かりやすくて助かります。
あまり蜜を吸う虫とかを見かけていませんが、花粉の媒介は誰がやっているのでしょうね。

« オシロイバナ | トップページ | モンシロチョウ 蛹化 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モッコクの花:

« オシロイバナ | トップページ | モンシロチョウ 蛹化 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ