« 水色 | トップページ | 梅雨明け »

2010年7月20日 (火)

冷奴

2010.7.19付 朝日俳壇より
わが妻は魔女かすぐ出る冷奴:(柏市)藤嶋務

それは、その、薬味とかいろいろ付けて出そうとすれば、手がかかるでしょう、冷奴も。
とりあえず、豆腐を切って鉢に入れ、既成の削り節に万能ねぎをちょんと刻んで、しょうゆと一緒に出すくらいなら、魔人かかしにもできますよ。
で、とりあえず、その辺で息をついていてもらって、次の料理をやっつける。
いえ、奥様が次の料理をやっている間、冷奴一つを満足そうに突っついているのが夫の仕事というものですね。

妙なレシピ:冷奴の上面にスプーンで穴を掘り、そこに納豆を入れます。醤油でもかけて召し上がれ。豆・豆しい香りと味がマッチして結構いけます。

« 水色 | トップページ | 梅雨明け »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷奴:

« 水色 | トップページ | 梅雨明け »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ