« 時間 | トップページ | 領収書 »

2010年7月28日 (水)

ザリガニ

2010.7.26付 朝日歌壇より
糸の先にするめをつけてつったんだ大きいザリガニだこれどうしよう:(横浜市)高橋理沙子
 高野公彦 評:作者は「小学一年生」

これ最高!「うれしいな」とか「どきどき」とか「わくわく」ではなくって。
「これどうしよう」というのが最高です。素晴らしいですね。
つっちゃったんだけど、これどうしよう。
うれしいのだけれど、とまどってしまった。

「かかしじいちゃん」に訊ねてくれれば、飼い方を教えてあげるんですけどね。
いいんですよ。キャベツ入れたり、金魚の餌あげてみたり、いろいろ試してみたらいい。
命の長さではないんです。そのザリガニは理沙子さんと出会うことで、理沙子さんを育ててあげるつもりになっていますよ。
大事なのはそのザリガニさんに寄り添うこと。心をそっと寄せること。
そうすれば、必ず、生きるということを教えてくれます。
出来事を「そらさない」で「正面衝突」するならば、世の中に無駄といものは一切ありません。

ザリガニさん飼ってみてね。

« 時間 | トップページ | 領収書 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザリガニ:

« 時間 | トップページ | 領収書 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ