« ツマグロヒョウモンに誘われて | トップページ | ヨツスジヒメシンクイ »

2010年7月16日 (金)

オンブバッタ

0706_2onbubatta1 7月6日
さて、ツマグロヒョウモンに誘われて行って、しばらくその撮影に夢中になっていましたが、それも終わり、そうだ、さっき見つけたオンブバッタはまだいるかな?
もういないかもなぁ、と戻ってみれば、いましたよ。
待ってたよ、とね。
後脚をぴったり体にくっつけていますので、なんだか脚が2対4本しかないようにみえる。
見事な保護色ですね。
0706_2onbubatta2
この写真の黒い矢印の先を見てください。
終齢幼虫ではないのですが、翅の芽があるようですね。

複眼の個眼は放射状に色々な方向を向いているのですが、そのなかで、ちょうどこちらを向いた個眼では、光が入って行って、それは情報として吸収されますので、光がかえってこない。そこで、その個眼は黒く見えるのですね。
そのため、あたかも複眼の中に「瞳」があるように見えるのです。
私たちの「瞳孔」とは異なるものなのですが、こちらを見つめる瞳のように見えますので「偽瞳孔」といいます。
カマキリなんかでもはっきり見えます。本当にこっちを見つめているみたいですね。
これが愛嬌のある顔を作ります。

« ツマグロヒョウモンに誘われて | トップページ | ヨツスジヒメシンクイ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オンブバッタ:

« ツマグロヒョウモンに誘われて | トップページ | ヨツスジヒメシンクイ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ