« ロール | トップページ | 金山 »

2010年7月28日 (水)

早苗饗

2010.7.26付 朝日歌壇より
早苗饗(さなぶり)の庭に捌きし手許より鰻攫いぬ鳶あざやかに:(四万十市)島村宣暢

田植えも終わったし、みんなで祝おう、と鰻をさばいていたら、トンビにさらわれた、と。
凄いですね、あんな大きな鳥が、羽ばたかず、ほとんど音も立てずに急降下してきて手元をさらって行ったなんて。私はトンビは大空を回っているところしか見たことがありません。
迫力あるんでしょうね。せっかくの食材を獲られたにもかかわらず、ひょっとすると、みんなあっけにとられて、お見事!と言いたくなったのではないでしょうか。

どうも、野暮なもので、「鳶」という漢字が私の場合鳥の「トビ」に直結しなくって。
むしろ「鳶職」の方に結びついて頭の中に納まっている漢字であるものですから。
トビもしくはトンビの方が鳥のイメージに直結してしまいます。ごめんなさい。

« ロール | トップページ | 金山 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早苗饗:

« ロール | トップページ | 金山 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ