« ザリガニ | トップページ | 素足 »

2010年7月28日 (水)

領収書

2010.7.26付 朝日歌壇より
領収書要らぬビールで乾杯す昔愚痴った女将の店で:(新潟市)岩田桂
 永田和宏 評:会社の金で飲んでいた頃と同じ店、同じ女将。違っているのは自分のために自分の金で。初句が爽快。

違っているのは、社用ということのなくなった自分、会社員ではなくなった自分、という風に読みたいですが。
「昔」というのがキーワードのような気がする。
退職して、会社員という肩書付きで飲んでいた店に、「自分」という肩書だけで飲みに行く。
初句は「爽快」ですか。含みがいっぱい入ってませんか。
肩書をはずした、剥き身の自分を社会にさらすというところで、いろいろと人の「器量」というものが現れてきます。
いつまでたっても、昔の会社、昔の身分に頼りつづける人もいれば、あっさり軽やかに過去の肩書など脱ぎ捨てて、身一つで生きていける人もいる。

いろいろ、考えさせられる歌でした。

« ザリガニ | トップページ | 素足 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 領収書:

« ザリガニ | トップページ | 素足 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ