« なめくじり | トップページ | 蚊を叩き »

2010年7月 6日 (火)

抜糸

2010.7.5付 朝日俳壇より
抜糸までこぎつけしこと髪洗ふ:(荒尾市)鶴田幾美
 稲畑汀子 評:手術を受けてようやく抜糸することが出来た。汗の髪を洗うことで病も一段落である。本復に向かう明るさが見える。

頭皮の脂で、髪がべっとりして、さぞ重かったことでしょう。やっと洗髪できて、頭が嘘のように軽くなり、心も共に軽くなった。
ここまでが長かった。でも、先の方に明るさが見えてきますね。心のありようが、体を建て直します。一歩ずつ。でも確実に。

« なめくじり | トップページ | 蚊を叩き »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抜糸:

« なめくじり | トップページ | 蚊を叩き »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ