« 清貧 | トップページ | 冷奴 »

2010年7月20日 (火)

水色

水は水色水無月の最上川:(山形県大石田町)柏倉ただを
 金子兜太 評:水一色の最上川流域。

ごめんなさい。あげあしとりです。
水に色ってあるんですか?
いわゆる「水色」という名のついた色があることは知っていますが、あれ「水の色」ですか?
真水のものすごく分厚い層があれば、色がつくことは確かですが、川が流れるとき、水に色があるでしょうか。
水量は多いのだけれど、白いしぶきもあげず、滔々とながれる最上川なのだろうと想像します。

で、五七五に読もうとすると
みずはみず いろみなづきの もがみがわ
となって句跨りというのですか、になるんですね。どうも落ち着かなくって。
むずむずします。

« 清貧 | トップページ | 冷奴 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水色:

« 清貧 | トップページ | 冷奴 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ