« ハラビロミドリオニグモ | トップページ | クロアゲハ »

2010年7月27日 (火)

ヒメグモ

0716_10himegumo1 7月16日
ヒメグモが卵囊を作っているのではないでしょうか。
上の白いもののまわりをぐるぐる回っていました。
0716_10himegumo2
腹部背面の模様がくっきり写りました。
0716_10himegumo3
以前にもこのブログで書いたことがあるのですが、ヒメグモ科のクモには「スパイダーズミルク」というものを子に与える種があるそうです。
小野展嗣 著「クモ学」東海大学出版会という本によりますと

タナグモ科やヒメグモ科では、さらに進んで、親子が同居する間に母親が食べたものを吐き戻して子グモに口移しに給餌する種があることが知られている。この消化済みの液体をスパイダーズミルクと呼んでいる。愛情のこもったクモの乳だ。

日本のヒメグモがこれに該当するのかどうかは分かりません。この本には、

ヨーロッパ産ヒメグモ科の1種 Theridion notatum の子育て。子グモは母親の口からスパイダーズミルクをもらう。[Bristowe(1947)より]

という挿絵があります。

« ハラビロミドリオニグモ | トップページ | クロアゲハ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメグモ:

« ハラビロミドリオニグモ | トップページ | クロアゲハ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ