« 第五福竜丸 | トップページ | ジョロウグモ »

2010年7月20日 (火)

青大将・やまかがし

2010.7.19付 朝日歌壇より
手捕つたる青大将をゆつくりと腕よりはがし森へとかへす:(笠間市)北沢錨
やまかがし玄関より来て下駄箱の下にわだかまり半日を経つ:(飯能市)松本和子
 佐佐木幸綱 評:今週は蛇の歌がかなりあった。各地で活発に活動を始めたのだろう。腕にからまる青大将を引きはがす光景が目に浮かぶ。

私はアオダイショウをつかまえるなんてことは出来ないたちです。眺めているのはいいけれど。上手な人は、蛇の尻尾を踏むと必死になって逃げようとするので、頭の後ろをひょいとつまんで捕まえてしまうらしいのですが。
きっと「あんまり興奮するなよ、今逃がしてやるんだからさ」とかなんとか話しかけながら、腕に巻き付いた蛇を引きはがしているのでしょう。愛情あふれますね。

やまかがしは、興奮させなければ大人しいと聞きます。毒はあるのですが、そうそう、普通に噛みついても毒を注入できるような顎にはなっていないようです。
玄関に入り込まれてしまって、参っていらっしゃる、想像できます。
玄関のひんやりが気に入っていたりしてね。
なんとか、早いところ出て行ってくれないかしら、とハラハラなさっていることでしょう。
目をはなしたら、上がりこまれて、部屋の中に入られそうで、近所に頼みに出るのも気が引ける。進退ここに極まれり、でしたでしょうか。
その後どうなりましたでしょうか。気になることです。

« 第五福竜丸 | トップページ | ジョロウグモ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青大将・やまかがし:

« 第五福竜丸 | トップページ | ジョロウグモ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ