« 雲の峰 | トップページ | 蜂 »

2010年7月28日 (水)

蛍狩

2010.7.26付 朝日俳壇より
蛍狩誰とも知れず応へけり:(渋川市)山本素竹
 稲畑汀子 評:闇の中で誰とも分からず会話を交わす。蛍狩りの雰囲気の中、話しかけてくると応える作者である。

選者の評でいいんだと思うのですが、私は評を読む前に句を読む。その時の印象は逆向きでした。
蛍の光に「わあ、きれいだあ」と作者が思わず声に出してしまったら、誰とも分からないけれど、「ほんとうに。なんてきれいなんでしょう」という応えがかえってきた、とね。
{余計かな?}すごく美しい人に思えた。

« 雲の峰 | トップページ | 蜂 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛍狩:

« 雲の峰 | トップページ | 蜂 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ