« 塗り椀 | トップページ | 百合 »

2010年7月20日 (火)

はやぶさ

2010.7.19付 朝日歌壇より
帰還の日寝返りを打つ 宇宙へと発つ日地球に生まれた我が子:(松戸市)片岡怜美
 高野公彦 評:「はやぶさ」打ち上げの年に生まれた子が、もう七歳。時の流れはまことに速い。

今年の今だから、この歌は「はやぶさ」の帰還を題材にとったものであることが分かりますが、単独で、時間の流れの中で「はやぶさ」を想起させ続けることは難しいかもしれない。
工夫して、詠み込むことはできるでしょうか。

「はやぶさ」の打ち上げは2003年5月9日でした。
その時の私と今の私と、大差ないですが。
子は違う。7年の成長はすごい。
一人で小学校へ通うんでしょ。あの時頼りなく抱かれていた赤ん坊が。

「時間」というものの性質について考えさせられますね。

« 塗り椀 | トップページ | 百合 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ:

« 塗り椀 | トップページ | 百合 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ