« 領収書 | トップページ | 二十歳 »

2010年7月28日 (水)

素足

2010.7.26付 朝日歌壇より
水に入る素足美し身すべてを母と呼ばるる人であれども:(野洲市)馬渕兼一
 永田和宏 評:「母と呼ばるる人」は妻だろう。水の素足には健康なエロスが。改めて惚れ直したか。

「母と呼ばるる人」が実際に自分の母である、というシチュエーションはいかがですか?
自分を含めた子を育て上げ、年齢を重ね、昔のあの激しい年齢の時に比べて、「小さくなった」母だけれど、素足を水に浸して「ああ、きもちいい」と安らぐ姿は、「美しい」と。
それは「エロス」を超えた美しさでしょう。痩せたすねです、筋肉の張りも失ったでしょう。
でも、時間と歴史を背負った人を美しいというのです。

« 領収書 | トップページ | 二十歳 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素足:

« 領収書 | トップページ | 二十歳 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ