« 介護 | トップページ | 原油まみれ »

2010年7月 6日 (火)

微妙な距離

2010.7.5付 朝日歌壇より
がらがらの席に微妙な距離を置き君と揺れいし近江鉄道:(日南市)稲田博美

混んでいればね、ぴたっとくっついてもいいのですけれどね。
すいているものだから、そこで密着するのは気が引ける、でもそばにいたい。

電車での人間観察は面白い。
恋人同士の密着と、夫婦の接触と、違うんだなあ、これが。
すぐ分かります。
くっつきたいとかなんとかいうより、くっついていてそのことが空気のようになっている。そういう密着と、とにかくくっつきたい密着と。

若いんですから、いいんですよ、くっついていて。
男女二人並んで座っていてそれぞれがケータイやっているよりずっと自然でいい。

« 介護 | トップページ | 原油まみれ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 微妙な距離:

« 介護 | トップページ | 原油まみれ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ