« 扱い難き | トップページ | はやぶさ »

2010年7月 6日 (火)

くらげ

2010.7.5付 朝日歌壇より
ふわふわでもぽあんぽわでもなく砂にずしりとめり込み死にゆくくらげ:(和泉市)星田美紀

「ふわふわ」も「ぽあんぽわ」も、空気の泡で膨らんで軟らかいものの感触かと思います。
くらげは、体の大部分が水。軟らかいけれど、水が詰まっていますので「ずしり」です。ある意味では「張っている」。
そのあたりが、うまく表現されているのだなぁ、と感心しました。

« 扱い難き | トップページ | はやぶさ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くらげ:

« 扱い難き | トップページ | はやぶさ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ