« この実、何の実? | トップページ | ニジュウヤホシテントウ »

2010年7月 9日 (金)

オリヅルラン

0703oridururan1 7月3日
アガパンサスのそばにありました。
これもユリ科ですね。
0703oridururan2
ランの花の姿ではない。

学名は「Chlorophytum comosum」です。
「chloros(黄緑)」は、元素名「塩素=chlorine」と同じ語源。塩素は黄緑色の気体なのでこういう名前になりました。
「phyton(植物)」は「フィトンチッド」というような言葉を聞いたことがあるかもしれません。
森林浴などという状況でよく出てくる言葉ですね。本来は、植物が発する、殺虫成分です。
「homicide」「genocide」「insecticide」など調べてみれば「cide」の意味が分かります。
というわけで、オリヅルランの学名は「黄緑色の植物」なんですね。

« この実、何の実? | トップページ | ニジュウヤホシテントウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリヅルラン:

« この実、何の実? | トップページ | ニジュウヤホシテントウ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ