« あたたかい | トップページ | 鮫 »

2010年7月13日 (火)

帰還

2010.7.11付 朝日歌壇より
帰還とは燃え尽きること「イトカワ」の砂を残して南の天空(そら)に:(東京都)倉地克次
 馬場あき子 評:「はやぶさ」帰還を詠んだ沢山の投稿歌の中から選んだ。上句に作者独特の人生観を反映したような言葉があってユニーク。

「明日のジョー」の「真っ白だ」の世代としては、はやぶさが「真っ白だ」と呟いたとしても、納得です。
選者の評はあんまり的を得ていない。
私が感情を移入するのは、「意志の持続」に対してです。
意志の完遂。
はやぶさも、そしてはやぶさの管制側も。
みごとでした。

朝日新聞の記者が撮影した写真は見事でした。
銀河を背景に燃える飛跡が写っている。
銀河、太陽系、地球、そしてはやぶさ。
一枚の中に、すべてが写っていました。

« あたたかい | トップページ | 鮫 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰還:

« あたたかい | トップページ | 鮫 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ