« ヒメハナバチの仲間かな? | トップページ | 松蟬 »

2010年6月 8日 (火)

スキャナー

2010.6.6付 朝日歌壇より
読めませんとは決して言わないスキャナーがこれでどうだと文字ぶつけ来る:(町田市)大西亞進
 佐佐木幸綱 評:最近は手書き文字もかなり正確に読み取るスキャナーができた。お互いに張り合っている感じが可笑しい。

私はスキャナーを使っていないもので、この感覚は分からないのですが、もう一歩、深読みしてみませんか。
スキャナーでスキャンしているのは「朝日歌壇・俳壇」である、というのはどうですか?
私は気になる歌をキーボードから、手入力していますが、お名前や、歌・句中の難しい字には参ります。IMEパッドにマウスでぐにゃぐにゃな字を書いて認識させています。
スキャナーでは「これでどうだ」と候補の字をあげてくるのですね。正しい字を認識させれば、以降はちゃんと読めるんでしょ。学習して。
パソコンやスキャナーも賢くなったものです。

« ヒメハナバチの仲間かな? | トップページ | 松蟬 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキャナー:

« ヒメハナバチの仲間かな? | トップページ | 松蟬 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ