« 秘密 | トップページ | 夏の体 »

2010年6月29日 (火)

にこにこと

2010.6.28付 朝日歌壇より
どちらかが呆けにあるらしにこにこと連れそひながら老いが土手ゆく:(東京都)高須敏士
 高野公彦 評:どちらかが呆け、というのが哀しい。何かちぐはぐな二人なのだろう。

やばいなぁ。妻と二人であんまりにこにこと連れ立って歩いちゃマズイなぁ。
推測を呼んでいるかもしれない。
多摩川の土手を歩く「かかし」夫婦は少しおごそかな顔をすることにしましょうか。

年をとることもつらいですねぇ。つくづくそう思う。

« 秘密 | トップページ | 夏の体 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にこにこと:

« 秘密 | トップページ | 夏の体 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ