« でんぐり返り | トップページ | 春眠 »

2010年6月 2日 (水)

かしわもち

2010.5.31付 朝日俳壇より
かしわもち葉つぱの中でねむつてる:(生駒市)鳥山貴弘
 金子兜太 評:鳥山氏は少年。柏餅は仲間の少年。
{長谷川櫂氏も選んでおられます}

よくわからないのです。金子氏の評が。
そうなんですか?
としたとき、その「仲間の少年」は布団にくるまっている、ということですか?情景が浮かばなくって。
単純に、柏餅を眺めていたら、餅が布団にくるまって寝ているように見えてきた、でよくはないでしょうか。
わからなくって。

« でんぐり返り | トップページ | 春眠 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かしわもち:

« でんぐり返り | トップページ | 春眠 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ