« 自分 | トップページ | 枇杷 »

2010年6月16日 (水)

十薬

2010.6.14付 朝日俳壇より
十薬の襟を正して咲きにけり:(東京都)石川理恵
 大串章 評:十薬はどくだみとも言い、葉は異臭を放つ。しかし解毒剤にもなり腫れ物にも効くという。作者は十薬の味方(?)である。

私は一般人ですから、「ドクダミ」の方を知っていて、それを「十薬」ということもある、と理解しておりますので、「十薬はどくだみの別称」とお書きになった方がしっくり来ると感じております。
「味方」というのも、妙な言い回しですね。
俳人なら、急激に咲き始めて咲きほこる花を見て、夏の季語として使いたいと思うでしょうし、最近は「ドクダミ茶」も有名なようです。いろいろの方面でドクダミ・ファンの層は厚いと思いますが。

私自身はちょっと、ご遠慮申し上げます。野草、山菜に弱くって。すぐお腹が特急列車になる。敬して遠ざく。ごめんなさい。

白い花びらのようなのは総苞といいます。
Dokudami1
真ん中に立っている塔のような部分に、メシベ1個とオシベ3個からなる小さな花が集合しています。虫眼鏡で拡大してみてください。
Dokudami2

« 自分 | トップページ | 枇杷 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211707/48644073

この記事へのトラックバック一覧です: 十薬:

« 自分 | トップページ | 枇杷 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ