« 家庭訪問 | トップページ | 名札 »

2010年6月 8日 (火)

おにぎり

2010.6.6付 朝日歌壇より
コンビニのおにぎりコーナー早々と売切れとなる田植えの季節:(神戸市)内藤三男
 永田和宏 評:弁当など作っていられない田植え期の繁忙。しかし他ならぬ農家がお握りを買って済ますという現代風景に違和感を感じたか。

なるほど、米を作る農家が米のお握りを買う、と読むのですね。
私自身は、最初、田植えの場に持って行って、傷みにくくって、腹もちがよくって、お茶なんかと相性が良い、というとやっぱりお握りだろうな。サンドイッチや、脂っこい弁当ではないのだろうな。と、こういうとらえ方をしました。持ち帰るごみも少ないしな、と。

「現代風景に違和感」というのはあまり感じなかったです。

« 家庭訪問 | トップページ | 名札 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おにぎり:

« 家庭訪問 | トップページ | 名札 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ