« キマダラセセリ 再会 | トップページ | コアシナガバチ »

2010年6月18日 (金)

まつぼっくり

0607_9matu 6月7日
春先まで、小さくて色も褐色がかっていて、こんな小さなままでおしまいかな、鉢植えではこのへんで限界かな、と思っておりました。
暖かくなってきたら、色が緑色になるは、大きくなってくるは、え~まだ成長中だったんだぁ。
固まっていたのにほぐせるんですね。
ずいぶん長い時間をかけて成長しています。今年あたりは最終的なまつぼっくり=まつかさになるのかなぁ。種が成熟してかさが開くのが最終的な姿ですよね。
裸子植物の生き方は、被子植物とはずいぶん違うようです。じっくり眺めていなければいけないと、覚悟を決めました。

ところで、「まつかさ」よりも、「まつぼっくり」か「まつぽっくり」かの方がかわいいかな、と思って使ってきました。「ぽっくり」という下駄がありますでしょ。
ふと、「ぽ(po)」なのか「ぼ(bo)」なのか、どっちだろう?と広辞苑を引いてびっくり。

まつ‐ぼくり【松陰嚢】
(ボクリはフグリの転か) 「まつかさ」の別称。「まつぼっくり」とも。[広辞苑第五版]

とほほ。
金子兜太先生あたりが喜びそうな気がしてきたぞ。

« キマダラセセリ 再会 | トップページ | コアシナガバチ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まつぼっくり:

« キマダラセセリ 再会 | トップページ | コアシナガバチ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ