« 体育館 | トップページ | 苦労 »

2010年6月 1日 (火)

空き缶

2010.5.31付 朝日歌壇より
夜の底を風に転げる空き缶の音がいつしか私となる:(福島市)美原凍子
 高野公彦 評:闇の底を転げ回る空き缶の音を聞いているうち、心が空き缶と共にさまよう。人生の寂寥感がにじみ出てくる歌。

「心が空き缶と共にさまよう」だけではないのではないかなぁ。
作者自身の人生が、思いもかけぬ方向へ、転変してきた。
それを思って、自分と空き缶の音を重ねて感じておられるのではないでしょうか。

« 体育館 | トップページ | 苦労 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空き缶:

« 体育館 | トップページ | 苦労 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ