« 十薬 | トップページ | あぢさゐ »

2010年6月16日 (水)

枇杷

2010.6.14付 朝日俳壇より
大方は種ばかりなる枇杷なれど:(宮城県美里町)鈴木文子
 稲畑汀子 評:枇杷の種の大きさを描いて見事な写生。

確かに。むしゃむしゃ食べたい食べざかりの頃、ビワって何でこんなに種ばっかりなんだ?と不満でしたが。
我が家の実生のビワ。40~50個も収穫できまして、これがおいしい。
皮を適当に歯や爪を使って剥き(ナイフを使わないところが私らしい)、かぷっと口に放り込んで果汁を口で絞ると、たっぷりごくごくっと「飲む」ことができるくらいにジューシー。
種やその皮を口の中で仕分けして、プイっと出す。昔思ったほどには種が大きくない。
買ったビワを丁寧に剥いて食べると、種の大きさが強く印象づけられるのでしょう。
パク、ゴク、プイ方式だとそんなに感じないことが分かりました。
お試しあれ。

« 十薬 | トップページ | あぢさゐ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枇杷:

« 十薬 | トップページ | あぢさゐ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ