« 夏衣 | トップページ | うらみ »

2010年6月22日 (火)

2010.6.21付 朝日俳壇より
蜂出入りして膨らんでゆく羽音:(静岡市)松村史基
 稲畑汀子 評:蜂が巣を作ろうと出入りしている場所がある。膨らんでゆく羽音に恐怖心が描けている。様々な場所に思いがけず作る蜂の巣に早く気づいた作者の安堵。

「安堵」しないでください。アシナガバチならまだしも、スズメバチなら役所に連絡して取り除かなくっちゃ。アシナガバチだって、人の通らない所ならまあ放置してもいいけれど、通行の人がある場所なら、やはり除去しなくっちゃ。
ミツバチということはないんでしょ。
短詩だから仕方ないのですが、対象が明確でないとどうも落ち着かない「散文的」かかしです。

« 夏衣 | トップページ | うらみ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211707/48693775

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 夏衣 | トップページ | うらみ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ