« 園児 | トップページ | 沖縄 »

2010年6月 8日 (火)

子猫

2010.6.6付 朝日俳壇より
拾ひたる子猫七匹眼開く:(群馬県吾妻町)酒井せつ子
 長谷川櫂 評:「眼開(あ)く」で一句に命の光が宿った。ちょっとした描写が俳句では大事。七つの小さな命にこれからどんな運命が待っているか。

「ちょっとした描写が俳句では大事」それはそうです、あたりまえ。この短い詩形で表現しようというのですから、言わずもがな。
「まなこあく」までの大変さ。ミルクを与え、ウンチをさせるためにお尻をくすぐり、体温を保てるようにくるみ・・・作者の苦労の結実として「まなこがあいた」のです。
七匹かぁ。よい飼い主に貰われてほしいなぁ。
昨今、猫事情がきびしい。どうか穏やかに暮らせますように。

« 園児 | トップページ | 沖縄 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子猫:

« 園児 | トップページ | 沖縄 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ