« 雨蛙 | トップページ | 紫陽花 »

2010年6月22日 (火)

みどり児

2010.6.21付 朝日俳壇より
みどり児の大地に立てる夏来る:(岡山市)田辺文枝

いいでうすねぇ。歩けるようになったんだ。すごい。ついこの間までハイハイだったのが、つかまり立ち、そして歩く。すごい変化スピードですよね。大人はさして変わりもしないのに。
本人も「視野」が変わり広くなるたびに嬉しくってね。最高ですね。
夏に向かって立ち、歩くようになるタイミングだと、来ているものが薄く軽くなってきて、軽やかに歩きますね。
逆に冬に向かって歩きはじめの時が来ると、着物が少々重くってね。春が待ち遠しくなります。

夏なんだ。歩くんだ。すごいなあ。

« 雨蛙 | トップページ | 紫陽花 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みどり児:

« 雨蛙 | トップページ | 紫陽花 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ