« 苦労 | トップページ | mg »

2010年6月 1日 (火)

研ぎたて

2010.5.31付 朝日歌壇より
研ぎたての刃はやわらかに玉葱の真白をぬけて淡き透明:(京都市)八重樫妙子
 高野公彦 評:研ぎ上げた刃の美しさと鋭さ。

玉葱を切るにはサクッと抵抗感もなく。
刃に指で触れれば研ぎたて独特の「ひっかかり感」。
一瞬、ためいきのでるような瞬間でしょう。

◆思い出。
 昔、包丁をよく研ぎました。やりすぎましてね。薄く鋭く、研ぎ過ぎた。
あんたねぇ、こんな研ぎ方したらトマトの皮で刃がめくれちゃうじゃないの、と叱られた。
あんまり薄くしてはいけないんですね、包丁は。以来研ぎ方を変えましたが。

製図器も研ぐんですよ。油砥石というものでね。凝りましたねぇ。メス、ハサミ、肥後の守、安い鉛筆削りの片羽の替刃、なんでも研いでみた。
思春期のひと駒。結構、暗いでしょ。

« 苦労 | トップページ | mg »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研ぎたて:

« 苦労 | トップページ | mg »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ