« ハバチかキバチか不明 | トップページ | クサカゲロウ幼虫 »

2010年6月10日 (木)

テントウムシ幼虫

0529_7tentou 5月29日
背中が見えないので確定できませんが、ナミテントウかナナホシテントウの幼虫です。
ここで注目していただきたいのは、幼虫の腹端部です。
葉の面に対して垂直近くに立てていますね。で、先端部は葉の表面にくっついています。
多分腹端部が粘っこくしてあって、歩く時の一つの支えにしているのではないかと思うのです。
支えといっても、ここでぶら下がれるほどのものではないでしょう。顎や前脚を使って獲物を捕獲したり食べたりする時の支えなのではないかと想像します。
種は違いますが、クサカゲロウの幼虫も同様な歩き方をしますよ。
今度見かけたら観察してみてください。

« ハバチかキバチか不明 | トップページ | クサカゲロウ幼虫 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テントウムシ幼虫:

« ハバチかキバチか不明 | トップページ | クサカゲロウ幼虫 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ