« 蚕豆 | トップページ | 甲羅 »

2010年6月 8日 (火)

夏をのりきる

2010.6.6付 朝日俳壇より
手術して夏をのりきらねばならぬ:(荒尾市)鶴田幾美

年齢を重ねてくると、季節の変化が体にこたえます。
夏は夏で暑さが体をほそらす。消耗が激しいです。
冬は冬で芯まで体が冷える。関節、血圧・・・もつのやら。
まして、病を抱えられたとなれば、なお一層。

秋の透明な空気を存分に吸いましょう。どうか御一緒に。

« 蚕豆 | トップページ | 甲羅 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏をのりきる:

« 蚕豆 | トップページ | 甲羅 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ