« 道をしへ | トップページ | 不可能なんてありえない。 »

2010年6月29日 (火)

2010.6.28付 朝日俳壇より
潦(にわたずみ)選つて行く子や梅雨晴間:(日野市)辻梓渕
 稲畑汀子 評:ひとしきり降ってやんだ梅雨。道には幾つも水たまりが出来ている。下校の子であろうか。潦をわざと踏んで行く姿を楽しくとらえた。

にわ‐たずみ【潦】ニハタヅミ(ニハは俄か、タヅは夕立のタチ、ミは水の意というが、平安時代には「庭只海」と理解されていたらしい)
①名:雨が降って地上にたまり流れる水。行潦。万葉集7「―いたくな行きそ人の知るべく」
②枕:「川」「ながる」「すまぬ」「行方しらぬ」にかかる。万葉集13「あしひきの山行き野行き―川行き渡り」[広辞苑第五版]

語彙の少ない私。「にわたずみ」という言葉を初めて知りました。

幼い子、小さい子は、雨の日、わざわざ水たまりへ入るんですよね。長靴で、ぱしゃっ。
親の方は水ははねるし、服が汚れそうだし、嫌がるわけですが、子はお構いなし。
次々と水たまりを踏んづけに行く。

雨の日が鬱陶しくなったら、水たまりを避けて歩くようになったら、大人の領域に足を踏み込んだ、ということでしょう。

雨の日が嬉しくてしょうがない年齢というものがありましたね。

« 道をしへ | トップページ | 不可能なんてありえない。 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 道をしへ | トップページ | 不可能なんてありえない。 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ