« 惜命 | トップページ | 道をしへ »

2010年6月29日 (火)

2010.6.28付 朝日俳壇より
燕の子去りて寂しき巣が一つ:(上尾市)中野博夫
 長谷川櫂 評:親燕だけが残された燕の巣。子どもを育て終えた人の親の心にも似て。

親燕が巣に残っているとはとても思えませんね。子育てのために、カラスを避けて人の出入りのあるところに巣を作る。子育てが終わる時、親は、早く出て来い、もう飛べる、と周りを飛び回りながら促します。図体だけは親よりでかくなっても、なかなかうまく飛べなくてね。巣立ちは大変です。
で、巣立ってしまったら、あとはそれぞれ野外での生活。巣は要らない。親も子も。

「親燕が残された燕の巣」ではないはずで、巣だけが残っているのでしょう。
命が育つにぎやかさが消え、寂しくなったのです。
「人の親の心」を読み込むのは構わないですが、そこを抑えた方が句は引き立つと思います。

« 惜命 | トップページ | 道をしへ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 惜命 | トップページ | 道をしへ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ