« うらみ | トップページ | 雨蛙 »

2010年6月22日 (火)

柿若葉

2010.6.21付 朝日俳壇より
柿若葉やはり濡れてはをらざりし:(玉野市)勝村博
 大串章 評:近づいてみると、案の定濡れてはいない。そう見えたのは光のせいだったのだ。
{稲畑汀子氏も選んでおられます}

「光のせい」というべきか。
葉の表面がクチクラで滑らかになっており、そこに反射してまるで濡れているかの如き輝きだったのでしょうから、「若葉のつややかさ」を「濡れる」ということばで描いて見せた、というべきか、とも思います。

ツバキやサザンカも「濡れては」おりませんが輝いています。

« うらみ | トップページ | 雨蛙 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿若葉:

« うらみ | トップページ | 雨蛙 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ