« 燕 | トップページ | 潦 »

2010年6月29日 (火)

道をしへ

2010.6.28付 朝日俳壇より
鷹揚に飛びて熊野の道をしへ:(新宮市)武田夕子

そうなのか、熊野のハンミョウともなると、飛び方も鷹揚なのか。

ミチオシエはハンミョウの別名です。人が歩くと足元からパッと飛びあがってちょっと前へ降りることから、まるで、こっちこっちと教えているようだと「ミチオシエ」の名がついたのでしょう。

「ハンミョウ」はもうずいぶん長いこと見たことがありません。カラフルな虫です。
代わりに、我が家では「トウキョウヒメハンミョウ」が昨日から姿をあらわしました。
地味ですが同じハンミョウ科で毒のない種類です。(ハンミョウも毒はありません)
Hanmyou
庭に出ると、せっせと、こっちこっちと飛び回ります。
結構獰猛な顔つきの肉食性昆虫です。

熊野古道を歩いていて、カラフルな方のハンミョウが木漏れ日の中を飛びまわったら、さぞかしきれいでしょうね。

« 燕 | トップページ | 潦 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道をしへ:

« 燕 | トップページ | 潦 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ