« 桐の実 | トップページ | デュランタ »

2010年6月25日 (金)

ネジバナ

0616_5nejibana1 6月16日
ネジバナが咲きはじめました。
これラン科です。
0616_5nejibana2
アップにすると、なるほど、ラン科の花だな、というのが分かります。

ねじ‐ばな【捩花】ラン科の多年草。原野・芝生などに自生。高さ10~30センチメートル。根茎は白く肉質。夏に淡紅ないし紅色の小花を多数総状につけ、花序がゆるい螺旋ラセン状を呈するのでこの名がある。モジズリ。綬草。<季語:夏>[広辞苑第五版]

ピンクの花がねじれて並んでいる姿がかわいいですね。
「もじずり」を広辞苑で見ると「しのぶずり」に同じとあります。

しのぶ‐ずり【忍摺・信夫摺】摺込染の一種。昔、陸奥国信夫シノブ郡から産出した忍草の茎・葉などの色素で捩モジれたように文様を布帛に摺りつけたもの。捩摺モジズリともいい、その文様が捩れからまっているからとも、捩れ乱れた文様のある石(もじずりいし)に布をあてて摺ったからともいう。しのぶもじずり。草の捩摺。しのぶ。伊勢物語「この男―の狩衣をなむ着たりける」[広辞苑第五版]

小倉百人一首に「みちのくの しのぶもぢずり たれ故に 乱れそめにし われならなくに」というのがありますね。
ここでの「しのぶもぢずり」は染め物の方で、花ではありませんね。
いろいろ言葉が入り乱れると、何だかわからなくなりますので、念のために調べてみました。

◆余談:私が百人一首に初めて触れたのは小学校一年生の時。六年生の兄が学校で習ってきて、多少の経験のある母がやろうというので、近くの書店で購入して始めたのでした。私は意味もわからず母や兄への対抗心のみで丸暗記。
「われならなくに」は「わたしのせいではない」というような意味でしょうが、当時の私の理解(誤解)は「私だったら泣いちゃうな」でした。
百人一首は誤解の宝庫です。

« 桐の実 | トップページ | デュランタ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネジバナ:

« 桐の実 | トップページ | デュランタ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ