« お茶 | トップページ | 木馬 »

2010年5月19日 (水)

ごきぶり

2010.5.17付 朝日歌壇より
ごきぶりは旧約聖書の中でさえ打たれいるらし我も叩きぬ:(松戸市)東 洋

どうも、きらわれものですねぇ。かわいそうに。ごく普通の昆虫なのに。毒があるわけでもなし、刺すわけでもなし。どうしてなのかな?

歌の雰囲気だと、ごきぶりは時空を超えて嫌われているのだぞ、という感じですねぇ。

そりゃ、私だって家の中で一緒に生活しようとは思いませんけれどね。
成虫とは戦う。最近は、道具なしでも戦える。ひょいと手を伸ばして掴んで、紙に移して殺しちゃうという技も研究しました。
でも、一齢幼虫はダメ。かわいいもの。傷つけないように外へ逃がしてやります。成虫までなれたら、またおいで。正々堂々と戦ってやるぞ、などと声をかけてね。

メキシコ民謡の「ラ・クカラーチャ」ってご存知ですか?陽気な歌ですね。
「La cucaracha」ですが英語の「a cockroach」と同じなんだって、想像できますか?言語的想像力というやつですね。
もちろん、cockroach はゴキブリのことです。
古今東西誰もが嫌う、というわけでもないようですね。
大型の体長5~6cmもあるゴキブリを見せていただいたこともあります。ペットなんですって。

生物としてはヒトより年長者ですから、敬して遠ざく、程度で付き合ってはいかがなものでしょうか。

« お茶 | トップページ | 木馬 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごきぶり:

« お茶 | トップページ | 木馬 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ