« 柏餅 | トップページ | ぶらんこ »

2010年5月25日 (火)

今年の泥

2010.5.24付 朝日俳壇より
燕の巣今年の泥を重ねあり:(春日部市)斉藤とし彦

いいですね。去年の巣に戻ってきてくれた喜びが「今年の泥」という言葉に滲んでいる。
ツバメはカラスなどに狙われるのを避けて、人の生活圏の外縁部に営巣するのです。
育雛を守ってあげてください。何かをしてあげるということはない。人が出入りするだけでいい。邪魔にしなければいい。

都市部では、ヒナの糞を嫌って、巣を壊してしまう人も多い。
情けないこっちゃ。
命がすくすく育つのを喜ぶ心のゆとりもなくなったか。
不寛容、耐性の低さが目立って、ぎすぎすした社会になりましたことよ。

« 柏餅 | トップページ | ぶらんこ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の泥:

« 柏餅 | トップページ | ぶらんこ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ